体験談10

MENU

体験談10

1. 私の闇金体験談10

 

アニメーター 27歳 男性(千葉県)

体験談10

・私は若い頃に借金をしました。2年前に任意整理をしたので片付いたのですが、数年間は銀行や消費者金融でお金を借りることはできません

 

しかし、諸事情により短期間に数回の引っ越しをしたことで全くお金が無くなり、私でもお金を貸してもらえる業者を探しました

 

ネットで検索して、審査基準が緩そうな業者を見つけたので電話をしてみました。しかし審査がおりませんでした。

 

・がっかりしていると「審査がおりなかったお客様に対する特別な措置があります。まずはこれから教える番号に連絡をしてください。」と言うのです。言われたとおりに電話をしてみると「携帯ショップの販売実績数を上げたいので、指定した店で携帯電話を20台契約してください。あなたの負担額は0円です。」と言われました。

 

指定された店は池袋にありましたので、すぐに向かいました。あまりきれいとは言えないビルの一角で、ここで販売実績を上げるのは難しいだろうな、と思ったことを覚えています。

 

・ショップから引き取った携帯電話20台は、宅配便で送るように指示されました。しかし、その送り状を書いているときに、急に「いったい何をやっているのだろう?」という気持ちになりました。冷静に考えれば、この携帯電話がまともな目的で利用されるはずはありません。急に怖くなった私は、その携帯を持って警察署に相談に行きました。

 

・警察の人からは、返済義務は無いこと、闇金からの電話には出ないことを教えてもらいました。しかし3.4日後にかかってきた電話を受けてしまい「携帯のキャンセル料40万円を払え」と脅されました。再度警察に相談したところ、弁護士の協力をもらったほうがいいと言われました。

 

ネットで探した弁護士さんに相談したところ、闇金からの連絡は入らなくなりました。あのまま携帯を発送していたら、と考えると本当に怖くなります。二度と闇金にはかかわりません

 

書店経営 44歳 男性(大阪府)

・店の売り上げが低迷し、複数の金融業者から融資を受けていましたが限度額に達してしまい、貸してもらえなくなりました。返済日が迫っていたので、雑誌の広告に金融会社を見つけ、融資の申し込みをしました。

 

・そこはいわゆるトイチと呼ばれる、10日で1割の金利を取る闇金でした。しかし返済日が迫っており、手持ちのお金もなかったのでやむを得ず借りて、他社の借金を返済しました。

 

・この状態では、トイチの借金の返済はおろか利子の返済すらおぼつきません。督促の電話が鳴り続け、店のシャッターには「返済期日は○○日です ××金融」という内容の張り紙がべたべた貼られる始末。

 

商売にも影響が出て困り果てていたとき、近所の人に「明らかな違法取り立てだから、法のプロに相談した方がいい。」と言われ法テラスのことを教えてもらいました。

 

そこで弁護士を紹介してもらい、対策をお願いしたところ、激しかった取り立てがピタッと止まりました
その後借金の任意整理もお願いし、スッキリと片をつけることができました

関連ページ

体験談1
闇金の体験談
体験談2
闇金の体験談
体験談3
闇金の体験談
体験談4
闇金の体験談
体験談5
闇金の体験談
体験談6
闇金の体験談
体験談7
闇金の体験談
体験談8
闇金の体験談
体験談9
闇金の体験談