体験談4

MENU

体験談4

闇金体験談ケースC

 

愛知在住51歳会社員男性の場合

体験談4

・私は20年間食品会社で営業として勤務していたのですが、会社が産地偽造をしたせいで倒産してしまい無職となりました。

 

そして無職となったのがきっかけとなり離婚するに至ったのです。わずかな退職金は子供の教育費に充てました。

 

年齢的にも私が転職するのは大変で、多くの会社の面接を受けても不採用で、それでも転職活動を続けてようやく就職先が決まりました。ですがその会社はブラック企業だった上に飛び込み営業が仕事でした。

 

・私は前職では営業といってもルート営業だったのでノルマを達成することが出来ずに、結局その会社の長くは続きませんでした。貯金はほぼゼロでお金を借りようと思ったのですが、無職だと大手金融会社では借りることは出来ません。家賃や公共料金さえも支払うことが出来なくなった時にポストで見つけたのが「無担保で即日融資」の広告だったのです。

 

 ・電話のみで書類をなしで、即日10万円の融資が可能でした。ですが金利は暴利で10日で1割といったモノだったのです。その上最初の利子は10万円から事前に引かれていて実質9万円しか振り込まれていなかったのも納得がいきません。

 

 ・借りたお金を返済する為に日給8,000円の日雇い労働をするようになりました。6日勤務すれば48,000円が給付されたので利子分の支払いに充てました。その後も日雇いで稼ごうと考えていましたが、運が悪いことに鉄骨を足に落として怪我をしてしまったのです。

 

 ・労災に入っていたから入院は出来ましたが、稼ぎがないので生活費が全然なくて借金の返済も滞ってしまいました。返済日に金融業者がしつこく電話をしてきたのですがお金がないので電話に出ることが出来なかったのです。2日後に離婚した妻から連絡があり、金融業者は元妻の家に取り立てに行ったのです。

 

・その事に驚きそして焦りを感じてテレビCMで目にした借金問題を解決するという法律事務所に連絡を入れました。相談をしてからは取立てはなくなりました。闇金というのは本当に恐ろしいモノで今後は2度と利用しないと誓いました。

 

秋田在住の27歳サービス業男性の場合

・パチンコとか飲み会などの会費が嵩み、給料日前にはお金がないといった生活をしていました。既に大手金融業者でお金を借りすぎてブラック認定されていたので追加で融資は出来ない状態でした。だから明らかに怪しいと思ったのですがDMが来た聞いたこともないような金融会社に融資の申込をしたのです。

 

 ・氏名と住所と勤務先、家族の連絡先を伝えると即日で50000円の融資をしてもらえました。ですがその分金利は高く10日で3割と違法な暴利だったのです。

 

・初めはそれでも返済をしていましたが、支払っても利息分だけで元金が全然減らないのです。そして返済が滞りだすと、携帯にしつこく催促の連絡が来るようになってしまいました。だんだん恐ろしくなり電話に出ることが出来なくなったら、着信履歴はなんと100件を超えました

 

 ・そして私が電話に出ないと金融業者は実家に取り立ての電話をするようになったのです。親兄弟にも知られてしまい怒られました。その後は闇金問題に強い弁護士に相談をし、間に入って交渉をしてもらい催促の電話は来なくなりました。 今回のことで闇金の恐ろしさが身に染みたので絶対にお金を借りないようにしようと思いました。

関連ページ

体験談1
闇金の体験談
体験談2
闇金の体験談
体験談3
闇金の体験談
体験談5
闇金の体験談
体験談6
闇金の体験談
体験談7
闇金の体験談
体験談8
闇金の体験談
体験談9
闇金の体験談
体験談10
闇金の体験談