体験談8

MENU

体験談8

闇金体験談ケースG

 

京都在住42歳自営業男性の場合

体験談8

・私は脱サラ後に店舗経営する際に、開業資金が200万円くらい不足していました。ですが既に複数の金融業者から限度額まで借入れをしていたので、他にお金を貸してくれる会社がなかったのです。

 

そんな時にネットのバナー広告で即日融資を謳っている金融業者を発見しました。

 

 ・その業者に連絡したら「金利8%となります」と説明があり、個人情報の確認後に審査担当者に取り次がれました。

 

その審査担当の男性はとても穏やかに会話をする人だったのですが、通常は真っ先に確認する収入を尋ねずに、どういう訳か家族の連絡先の確認をしてきたのです。

 

これはおかしいと思って口を閉ざすと「信用情報が下がり貸すことが出来ない。ですが最初に10万円貸して2週間以内に15万円返済したら実績が出来るので、次は200万円貸すことが出来る」と言い出したのです。

 

 ・その業者に対して不信を覚えお金は借りなかったのですが、その業者から個人情報が流出し悪徳業者から大量の電話、メールが来るようになったのです。そして手持ちのお金が全くなくて生活費もなくなって、違法な業者と分かっていたのに金融業者からお金を借りることを選んでしまったのです。

 

5万円を借りて10日後には7万円の返済をするといった内容でした。明らかに法外な暴利と言えますが書類審査もなくお金が借りることが出来る手軽さが魅力に思えたのです。

 

 ・返済日の前日に連絡をして振込み口座を聞くといった手はずになっていたのですが、何度連絡をしても電話に誰も出ません。わざと連絡が取れないようにして延滞料金が発生する仕組みなのかもしれないと判断し、即座に闇金専門の弁護士に相談をしました

 

 ・弁護士の間に入って交渉してもらった結果、借金問題は無事解決したのですが、どれだけ勧誘されても闇金を利用しないようにとキツク注意されてしまいました。現在は店舗経営も順調で、もう2度と闇金からお金を借りないようにしようと深く反省しました。

 

岩手在住36歳、男性会社員の場合

 ・3年くらい前に任意整理をして借金をキレイにしたのですが、またお金がどうしても必要となってしまったのです。任意整理後は個人信用情報に記録が残っているので最低でも5年間はお金を借りることは出来ません。なので闇金で借入れをしました

 

 ・ですが金利が高い為返済日に返済することが出来ず、その後は時間を問わず業者から督促の電話がかかってきて精神的にツライ日々でした。それで耐え切れずに警察に足を運び事情を説明したのです。警察官は真摯に耳を傾け闇金業者と話をつけてくれたのです。

 

 ・だけど一度も返済せずに警察に相談した事で、嫌がらせは酷くなってしまいました。私の職場勿論、実家、兄弟の家と会社にも催促の電話がひっきりなしにかかってきます

 

 ・親兄弟には本当に申し訳なく、何度も謝りました。そして再度警察に嫌がらせが続いている旨を相談しました。兄は弁護士に相談するようにと助言してくれたので、弁護士に闇金業者との間に入って交渉をしてもらいました。それでようやく嫌がらせがストップしました。今後は何があっても闇金からはお金を借りないようにしようと心から思いました。

関連ページ

体験談1
闇金の体験談
体験談2
闇金の体験談
体験談3
闇金の体験談
体験談4
闇金の体験談
体験談5
闇金の体験談
体験談6
闇金の体験談
体験談7
闇金の体験談
体験談9
闇金の体験談
体験談10
闇金の体験談